貸し会議室は、会議のために借りる人ばかりではありません。会社が貸し会議室のサービスを使うときにはどのような場面があるのか紹介していきたいと思います。

■自社で会議するのが難しい場合
貸し会議室サービスで会議室を借りるということは、自社で会議を行うのが難しい場合が想定されます。自社に会議スペースがなかったり、設備が整っていない場合、社内だけの会議なら問題なくても他の会社の人も交えた会議で大人数になる場合にはスペースが足りないという場合もあります。

■自社で会議するのが難しい場合

貸し会議室のサービスなら人数に合わせて会議室の大きさを選べるので便利ですよね。

■面接や試験
会議ではなく、採用試験や面接に、貸し会議室サービスを利用する会社もあります。会社自体が狭くて、面接や試験の部屋を確保できないという場合は貸し会議室を利用すると便利ですよね。

採用試験や面接を受ける側としても、初めて訪れる会社の場所を見つけるのが難しいことは多々ありますから、駅から近くアクセスしやすい場所が試験や面接場所になっていると安心です。

■起業したての会社のつなぎ場所として
起業したばかりでまだ自社スペースを確保できない、という場合、つなぎ場所として何日間か継続して貸し会議室を利用することもあるようです。

企業仕立てでは、会議用の設備もまだそろっていないことが多いでしょうから、備品がすべてしっかりそろっている貸し会議室は魅力的ですよね。

■発表会や創設記念のパーティ
会議室という小さな規模だけでなく、完成お披露目の発表会や創設記念パーティなど大きなイベントができるホールなども貸し出しを行っています。

しっかり整備されているので快適に豪華なひと時を過ごすことができるはずですよ。

■会社だけでもたくさんの使い方がある貸し会議室サービス
このように貸し会議室サービスは、会社だけでもたくさんの使い方があります。ぜひ自分たちにぴったりの貸し会議室サービスの利用方法を見つけてくださいね。